« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

福知山マラソン

23日の福知山マラソンを思い出して書きます。
福知山…それはそれは遠いところでした。
奈良から始発でまず京都へ。駅には、絶対この人も福知山マラソンやろッて格好の人がちらほら。まだ朝日も昇らぬうちに出発。そして京都駅から福知山線に乗り換える…んだけど、ここからすでにレース開始!
ジャージ姿の人たちが京都駅に着いたとたんモウダッシュ!!何!?
と思ってる間にダンナさんも混じってダッシュしていた。見失いそうになりながらも私もダッシュ…重いリュックしょってダッシュ…
なんとか座れたけど、9.5割マラソン行きの人で、変な緊張感があった。
京都から2時間かけて福知山に到着。
そこからさらにバスに乗って会場入り。
ものすごい人…改めてマラソン人口の多さを知った。そしてものすごいトイレの行列…200メールくらいは軽くいってたね…男子トイレからこんなに列が出てるのははじめて見た。

そしてぼちぼち出発。ダンナさんはIブロックやった。AからスタートするとIまでずいぶん長い。そしてそのうちダンナさんを見失った。
ちゃんと帰ってこれるんかな?不安もあってしっかり「いってらっしゃい」言っておきたいけれど。
って時に目の前にダンナさんが!!「もしはぐれたら、朝いた場所に集合ね!」と言い残し、軽快な足取りで走りはじめ、やがてもう見えなくなった。

〜さてここから約4時間。引率者はうどん食べたりちかくの喫茶店行ったりして時間を潰す〜


スタートから3時間がたった。そろそろスタンバイしようとゴール付近で待機。ぞくぞくと帰ってくる。Aブロックの人、Bブロックの人…Gブロック、Hブロック…おっIの人らもぼちぼち帰ってきたぞっ!
応援にも一層力が入る。見逃さぬようにと思うと心臓がばくばくする。もうすぐ…もうすぐ…帰ってきたら何て声を掛けよう…
と言うてる間に時刻は4時。スタートから5時間…あれ?見逃したか??
4時間前後での完走を予想していたので、思わぬ時刻にやや不安。見逃してはないと思うけど不安でいっぱいになったから、スタート時に言っていた集合場所へ。でもやっぱりいなかった。ますます不安になる。このまま日が暮れても会えなかったらどうしよう…などと考えていたら、足を引きずって険しい顔のダンナさん登場!!
めでたく初マラソン完走!!

おーお帰りー!おめでとう!


ダンナさんは魔の30km過ぎてから足が痛み、走れなくなったのだ。そこから歩くことも難しいくらいの激痛の中、なんとかゴールまで完走!ようやく帰ってきた!ほんまによくがんばったねえ。(泣)
こんな辛そうなダンナさんをはじめて見た。マラソンってほんまに孤独な戦いやとひしひしと感じた。それでも心折れずにゴールしたことはすごい自信になると思う。
見ていて羨ましかった。
いつか私もフルマラソン完走してみたい!!いつかダンナさんと一緒に参加できるのを楽しみにして、ちょっとずつ走りはじめよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆずっ子

いまテレビでやってるベストヒット歌謡祭にゆずが出てました。この人たちの声を聴くと完全に高校生の自分に戻りますね。ゆずばっかり聴いてたんです。「ゆずマン」とか「ゆずの素」とかアルバム聴きまくってて、勉強ここまでできたら聴く!とか決めて懐かしのCDウォークマン引き出しに忍ばせて勉強してましたね〜…

なんかっなんかっ
涙が出そうですッッ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジモティー

バタバタ…と1週間が経ちますねぇ☆
22日には地元の友達が来てくれたし、23日はなんとダンナさんフルマラソン初参戦やって、楽しい連休やった。

まずは22日のこと。高校の時同じクラス&同じクラブやった子たちが来てくれた。
私バドミントンしてたんですの。それでその時の笑ける話とか当時の話で盛り上がった。

あっという間に時間はたってすぐにサヨナラだった気がする。
ランチはダンナさんの職場の近くのお店に乗せていってもらって4人で食べて、その後3人で奈良に戻ってきてカフェへ。その後もんじゃ食べに行って…ってずーっと食べたり飲んだり。。
ガールズトークに花が咲いた♪
一人は今度12月に結婚式を控えてて、もう一人は遠距離恋愛中。。
みんな大人になりました。高校の時じゃ考えてられへんからね。私たちがこーなってるのなんてッ。漠然と20代後半には結婚してるかなーとか、考えてたけど、ダンナさんになる人とか全然想像できんかったなぁ。。。

みんな悩みながらも自分で幸せ掴もうって気分だね!これからも楽しみ。
奈良に来てくれてありがとう!今度は私が京都に参上します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実は疲れてるカモ

いやー今日は朝から失敗ばかり

寝坊からはじまった朝。
昨夜は松尾スズキの「クワイェットルームにようこそ」を見た。ここ3日ほどDVD借りて夜ご飯食べながら映画見てる。そいで今日はお弁当なしでダンナさんも出勤遅くて良かったから、夜はだいぶ調子にのっていた。
で、朝もいつもより1時間遅く目覚ましをかけた。のに!ふぃっと気づいたら二度寝しててもう8時45分!おいっ!もう1時間しかないじゃないかっ
お風呂も入らなくちゃだし雨で電車乗らなきゃだし…
大慌てで起きた拍子にビックリしてダンナさんも起きたし笑けた。
いや笑ってる場合じゃない!ということで朝からバッタバタでようやく出勤。
さらに今日の失敗は、フォーク、スプーンの入ったケースを運んだときに畳の上に落とす、コーヒーフレッシュをお客さんのとこで溢す(2回)、ドリンクのオーダー通し忘れてお客さんを悲しませる…等々
なんかいろいろと失敗した。まーよく失敗するけど、今日はなかなか調子が戻らなかった。
それも全部コンタクトレンズのせいデス!!!(と、いうことにしておく)
月曜日にコンタクトを使い捨てのソフトに変えたのだ。今時のソフトってこんなにデカイん!?こんな大きいのん目に入るんかと思うくらい。
で、私右に若干乱視なんだけどその微妙な乱視の入ったコンタクトは取り寄せになるらしく、その時はとりあえずで乱視の入ってないお試し用をつけて帰った。それから5日、病院に行く時間がとれず、焦点がたまにあわず、結構大変やったんですわ
ようやく明日休みやから、乱視入りもらいに行けるからひと安心。

てなことでウダウダの1日だったって話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サプライズ

今日朝11時すぎ、なななんと…お店に河瀬直美さんが来ました!!
かなりふらーっと自然に入ってきはったからビックリした。
オーナー夫婦に「久しぶりー」とかなりフレンドリー。
昔は映画の打ち上げをお店でやってたほど常連さんらしい。
それで私がキッチンの隅で興奮してたらオーナーが紹介してくれた。「去年から来てくれてるHammerさん、河瀬さんのすごいファンで〜この前うださん(「殯の森」主演、ちちろというカフェの店長。うださんもオーナーと仲良くて、年に何度かお店に来てくれます)にも握手してもらってたんですよ(笑)!」

というと河瀬さん大爆笑で、思わず!といった感じでハグ☆!!突然のハグ!握手だけでも嬉しかったのに…キャー!

河瀬さんは映画の厳しいと聞いていたので、ちょっとビクビクしてたけど、普段は気さくで明るくて、とっても優しい…
今日もむっちゃ忙しいとこサインまでしてくれたし♪
バスケットしてただけあって長身でした。それにもビックリ。でやっぱり綺麗やし!オーラがありますしねぇ

いやー今日は大興奮の1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眠りました

いやー昨日はめっちゃ寝ました。10時に気絶するように寝て、朝は9時過ぎまで寝てました。
こんだけ寝たの久しぶりデス。

疲れてたんやろなぁ〜いや〜半端なく忙しかったもんなぁ。
正倉院展に一日1万人来てるらしいからねぇ…
県外の方多くって、お店にも北海道から来ましたって方も来てました。韓国や中国から来てる方も今年は多いですねぇ。
ということでクタクタで久しぶりに朝寝坊させてもらいました♪
でダンナさんと自転車でランチしに行って帰宅。ダンナさんはそのままジムへ、私は帰宅。。。またジム行きたいんだけどね。
てな感じでのほほんと休日を過ごしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌入門②

昨日は雨にうたれての講座。
すごい雨でしたねぇ。見知らぬ土地で突然の雨。とにかくコンビニ探して5分ほど走る。
コンビニで傘をかって歩く。ふー寒い寒い。昨日は寒かったですねぇ。

で、穂村弘先生の講座二日目。二日目はピンクのチェックのシャツが素敵でした☆

講座では現代短歌の事情や短歌に込めるものの話などスッキリする話ばかりだった。
とにかく私も短歌を勉強しないと!とものすごく思った。まずは短歌の歴史、短歌を知ること。
作ることばかりだったけど、やっぱり背景を知らないと限界があると感じた。そのことで興奮して頭が冴えて寝にくかったわ。

それで今回2度目のサインももらった!(笑)
またかって感じで先生も苦笑。いつもサインに先生の歌を載せてくれるんだけど「うーん思いつかないなぁ…」と言われたので、リクエスト。

私の好きな

体温計くわえて窓に額つけ「ゆひら」とさわぐ雪のことかよ
の下の句を書いてもらった♪
(デニッシュパンの歌でも良かったなー…次の機会にとっておこ。)

記号化された名前を回復させる、自然の中にもう一度戻すような歌があって、その解釈の時に私の名前使ってくれたよ☆ひゃ!
それでサインもらうときに先生に「兄弟いる?」と聞かれ、「姉がいます」
穂「名前は?」
H「○○です」
穂「韻はふんでないんだね〜」
と興味をもってもらえて嬉しかった♪


先生に会うと、やっぱりやる気になる。こんな風に私もなりたい!短歌の話がいつもこぼれてくる、そんな先生と話ができるようになりたい!そう思う。
それにはまず勉強することが先決。短歌のことをもっと自分で理解しておかないとダメですネ。

新たな目標できました!来年の短歌研究提出と、来年の(あるかわからんけど)講座にもっと短歌について話せるようになること!
がんばります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな偶然が…

今芦屋行きの電車です。が、偶然にも鶴橋までずっとJ子ちゃんと一緒でした。J子ちゃんとは今年に入って知り合った子でお店によく来てくれる子。
J子ちゃんとは家も近所やったことが判明して、まーいろいろと偶然の重なる子なんだけど。
今日話してたらJ子ちゃん…ダンナさんのこと知ってるかも!?っていうねん!
というのも彼女今大学生やねんけど、私らの教育実習先の中学校にいたらしく、私とはギリかぶってないんやけど、ダンナさんが行ってたときに中学生としていたのデス。
「えっ○○先生ってもしかして男の先生についてたシュッとした国語の先生!?」

あ、そうかも…そういえば指導教官男の先生やったって言うてたかも…しかもシュッとしてるし国語やし…

「そ、そうかも…」
J子ちゃんすごい記憶力。しかも一緒に写真とってもらったかもとか言い出すしっ。おもしろすぎやろっ
今度そこらへんゆっくり話すことになった。
世間は狭いわ〜☆

ってなことで講義二日目も楽しんできます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌入門①

短歌入門①
昨日は芦屋にて穂村弘先生の短歌入門1日目。
今回も提出した短歌の解釈を中心におもしろい講座だった。

まず記号化されたことば(効率的・機能的・社会運営上必要なことば)をより個別化したことばとして短歌に命を自分の匂いを吹き込むかいくことを学んだ。
そのためには5W1Hを捨てて何を残すか、という作業を意識的に行うことが必要となる。そしてより微妙なことばを選ぶこと。
そしてモチーフが大事ということ。(モチーフには前回の講座で強調してはったシンパシーとワンダーが重要になるんだと思う)

今回のお話はまた短歌を作る原動力になった気がする。
短歌ってほんまにおもしろいなぁ〜


ちなみに先生は今回も淡々とお話されて、たまにテンション上がって弾んだ声になって…独特なオーラを感じた。
久しぶりに頭を使ってとても楽しい1日だった♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »